*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08.09 (Thu)

階段魂 

俺「机の角に頭打って死んでしまえ!」
瑠衣「そりゃ死ぬよ!!」
俺「っということでねーまったくもー瑠衣ちゃんったら」
瑠衣「君が強制召喚しているんじゃないか・・・この無意味なコーナーに」
俺「そういうなって、このコーナーもこのコーナーで大事なんだぞ?

たとえば、皆さんにもっと俺のことを知ってもらったり
俺のお茶目な一日を見てもらって共感してもらったりさ?」
瑠衣「そんな事はありえない。大丈夫だ」
俺「きゅうう・・・ まぁ、いいもんねー 瑠衣ちゃんにも
あーんなことやこーんなことをさせちゃうもんねーだ!!」
瑠衣「・・・僕ルートもあるのか?」
俺「需要に合わせるのがゲームを作るという事ですよね」
瑠衣「・・・そ、そうなの・・か。 」
俺「そんなに嫌かい?」
瑠衣「ば、ばか者っ!よよよよ、喜んでいるのがわからないのか!?」
俺「って感じな妹キャラをお楽しみください」
瑠衣「ついでに、今は胡桃ルートだろうが・・・」

俺「っていう事で、実は前回の終わりの後 でOPに入るんですよ」
瑠衣「それっぽいつなげ方だったね、曲の予定とかあんのかい?」
俺「それがさ・・・なんと!!協力してくださるような事を言ってくれた人がいたのだ!!」
瑠衣「なっ、なんだってー!」
俺「しかし・・・このまま付き合わせてもいいのだろうか・・・」
瑠衣「と り あ え ず さ

絵師だ
俺「っすよねwwwwwwwwwww
さて、本編いきます」


【More・・・】




よし、一日目事件無し!
守る なーんて言っておきながら、実際何も起こって欲しくないものである。
ま、まだ教室内も冷えた空気が流れていたし
いきなり姫に手を出すのは難しいだろう。
賑やかだったのは・・・黎と純ぐらいだしな。

翔「へっぷし」
何かしら噂でもされてんのかね・・・さっきからくしゃみが出る。
こりゃ、本当に何かの標的にされるかもしれねぇ・・・

翔「逃げはしないさ」
恥ずかしかったが・・・あの時の姫の嬉しそうな顔を
裏切るわけにはいかねぇな。
・・・それに、なんであの時 あんなに笑っちまったんだろうな。

純「それは、心が寂しかったからではないでしょうか」
翔「意味ありげな言葉を肩に顔乗せて囁かないでくれるかな」
純「えへ、すりすり~」
黎「気色悪いわーっ!!」
姫「せーくんを汚すなーっ!」
純「だからエスカリボ○グは反則ですって!」
ふう、肩が軽くなった。うん

・・・。
俺、姫、黎、純の4人で帰る事になった。

純「いい顔が台無しです」
翔「モザイクかけてるんだからありがたく思えよ」

思ったのだが、何でも出来ちゃうバット エスカ○ボルグを振り回す女の子って・・・ふつー恐れないか?
・・まぁ、姫が動物っぽくて懐っこいから
うへへーかわいいなひめちゃんはもー って思ってしまうのは判る。
しかしだ・・・うーん。

姫「あ、蝶々ですね~ こんな季節に珍しい」
・・・まぁ、姫にはいろんな側面があるのかもしれない。
というより・・・すんごくありそうだ。
親友の黎にだけ見せる顔とか・・・他人に見せる顔とか。
全てを見たいわけではないが
ただ・・・人気の理由はなんなのか・・と。
アイドルの妹だから って本当にそれだけなのか
・・・確かに、すっごい可愛いよ 外見も。
ただ、一度も話した事ないような女の子にあそこまで惚れ込む事ができるのか?
それこそ、テレビアイドルみたいに表に出てるわけでもなく
ただ・・・隣に居たってだけで手を出せるものなのか・・・?
・・・やはり、わからん。
人間の心理か? 何故、そうやって他人を巻き込む事が出来る。

翔「うーん」
パンッ
姫「撃破♪」
翔「うーん・・・」
なんか、頭痛いや・・・。

・・・。
翔「ただいまー・・・ん、誰もいないのか?」
居間の机に一枚のメモが置いてある。

『いないよ  くーちゃん』
翔「・・・見りゃわかる」
なんでこうも、うちの親父は無駄な事が好きかね
・・・さて、親父は居ない。
瑠衣は、学校か?

さーて、どうするか
([>適当にプラつく 家に居る)
翔「・・いないよっと」
よし、書置き完了
・・・同類じゃん、 ごめんな瑠衣。

・・・んー
家を適当に出てみたものの、行くあてなんぞない。
まぁ、”適当”だしな。 さて、どこにいくか
(適当に市街地へ [>適当に学校付近へ)

・・・。
ふー・・・そういえば、あの坂道、校門よりさらに上にも続いてるけど
あの奥って何があんだろうな・・・。
行ってみるか、坂道登るのかったるいけどな!

・・・。
校門前、まだ学校内には結構な数の人が残ってるな
ま、部活とかもあるだろうし・・胡桃さんとかも残ってるんだろうな。
・・・。

ということで上り終えた。
その奥に、一本の枯れた木(何の木だろう、気になる木)が真ん中にどでーんとある
小さな・・・見晴台ってやつかい?そんなものがあった。
ベンチと木しかねーな
翔「ほうほう」
丘自体は低いものの、街や海を見渡す事ができてこれはこれは・・・

俺は、この場所が気に入ってしまった。

・・・。
はっ
いわゆる、海から流れてくる風が心地よかったのか ぼーっとしてしまったようだ。
あいにく俺は時計を持ち合わせてない。
日の傾き具合から・・・わかるわけがない。
だって僕は翔だもの。

翔「よし」
意味不明な理由で納得、さて、移動するか。
・・・。
校門前へ戻ってきた、このまま学校に入ってみようか。
入って何をする?
適当にブレイクダンスして将来をブレイクしてくるか?
適当に誰かに告白して適当に付き合うという最悪かつありきたりな青春を始めるか?
しかし、ここで適当に突っ立ってると怪しまれるだろうし
うーむ。

お?見覚えのある長髪、見覚えのある疲れたような表情
見覚えのある巨乳が玄関から出てくるのが見えた。(何気に視力2,0)
・・・あれはっ
翔「くるみさ・・・」
突如、校舎の脇から金髪の男が出てきて、胡桃さんに話しかけた。
・・・3年同士だから話してもいいと思うけど。
胡桃さんは疲れた表情をアイドルモードに直して応答している。
・・・見ていて痛いぜ・・。

そして、金髪の男は手を振って、校門から出てきた。
俺は慌てて桜の木の後ろに隠れる。
・・・むにっ
む・・・この感触は・・・?

翔「・・・。」
「お??オマイは翔ボーズじゃねーか!」
真後ろから声がする。
むにっむにっ
そして硬いはずの木の幹が何故か柔らかい。
しかも生暖かい。
「類は友を呼ぶって奴カイ?それとも、アタシがここに居たのがわかった系カイ??」
翔「いえ、何のことだかさっぱりわかりません。」
とりあえず、とんでもない人に背後をとられているようだ・・・。
・・・屠(と)られるっ!?

しかし遅かった。
慌てて木の後ろから飛び出そうとするが、俺の双肩はがっちり抑えられて、動くに動けん。
「ぬあああ、ダメダメッ!今出たらアタシが居ることもばれるかもしれないだろおっ!」
翔「そ・・そうか、すまん」
未だに、やわらかい感触が背中にむにむに当たってるんですけどねぇ。
いや、いい加減感触の正体がなんだかわかってるさ。

「さーて、翔ボーズも首だけ出して校門の奥を観察しようゼ」
翔「観察って・・・胡桃さんをか?」
「おういえー!胡桃が今日のうちに何人に告白されるか!」
・・・なんじゃそりゃああああああ!!

翔「そんなにモテるのか?胡桃さん」
「オマイは入学式のあの人気を見てなかったにょかい?」
翔「見てたが・・・」
既に胡桃さんに話しかけた男の数は4をカウントした。
玄関から校門まで30mもないはずなのに、一向に胡桃さんの姿は大きくならない。
「ついでに、学校の中で既に10人に告白されてるにゃ」
翔「おいおいそんなにかよ・・・。
でも、純粋な気持ちなやつは・・」
「おーおーっ!さすが翔ボーズ!!いきなりそこ突いてくるかっ!
安心しな、懸念してる数字は 0だじぇ!
皆、さらっ と告ってさらっとバイバイだな!
元々手に入らない物と思ってるのか・・・
たんなる、怖いもの見たさのつもりにゃのか・・・。」
翔「どっちにしろ、いい迷惑だな」
「そのとおおおおおりっ!
やっぱボーズは良いな!良いな!うんうんヨチヨチ」
身体を捕縛されたまま頭を撫でられる。
声の調子から考えて・・・いや、考える事もない。
あの、生徒会長だろう。 俺の背後を取ってるのは・・・。

・・・そして、計9人の告白を受けて 胡桃さんは校門を出てきた。

胡桃「・・・はぁ」
大きく溜息、もうこの坂には誰も居ない。(隠れている俺らを除く)
胡桃「どうして・・・こうも私は・・」
自分自身を悔いているのか、苦しげな表情をしている。

生徒会長「よし、行けっ!ボーズ!」
翔「え、ちょっ」
そして俺はいきなり、胡桃さんの前に突き飛ばされた。
あの野郎(女だけど)思いっきり突き飛ばしやがって・・・!

胡桃「か、かっ翔君!? 」
翔「胡桃さん!避けてくれ!」
このままだと・・・また胸に突っ込んでしまう!
こうなったら胡桃さんを突き飛ばしてでも、それだけは回避してやるっ・・!
・・・手を伸ばしたのが間違いだったよ あはは。

むにっ
生徒会長「おっけーい!!クリーンヒット!」
翔「・・・す、すまない」
胡桃「は・・は・・・はるかあああああああああああああっ!!」




翔君はおっぱい好きだな(
スポンサーサイト
【編集】 |  01:38 |  胡桃  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。