*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.01.31 (Wed)

ばんばんばん! 

俺「予想外の新キャラでましたね。」
父「グフか」
俺「こいつの設定どうしましょう」
父「どうでもいいんじゃない?それ次っ!」
俺「はい!第12話「お弁当」GO!」

【More・・・】



-7月1日-
おい、朝だぞ起きろ
翔「ん・・・・」

なんか耳元で大声がした気がする・・。

グフ「6時半だ」
翔「・・・ありがとう・・。」
グフ「うむ」
・・・・ファービーだった。
しっかし6時半に起きるとか久しぶりだな・・・。

グフ「さっさと弁当作ってこいよ」
翔「あ・・・って何で知っている!」
グフ「いいから、女のためだろ?」
翔「・・・」
ほんとに呪われてるんじゃないのか?
まぁ、危うく忘れる所だった。感謝しておこう。

一階に降りる。
父「お?お前早起きだな。今料理してるから待ってろ」
翔「む・・・」
ちょっと懐かしい、 いつも俺達の朝飯は親父が作っていた
親父の作る飯はいつも旨かった。俺は親父から料理を学んだ。
鍋が湯気を噴いて、いかにもおいしそうな香りを放っている。

父「~♪阿・修・羅~♪」
・・・・何歌ってるんだろう。

瑠衣「うーん・・おはよー」
妹が起きてきた。
翔&父「おはよー」
瑠衣「久しぶりに父君のご飯かぁ・・・」
父「ほれ、出来たぞ。」
料理がテーブルの上に置かれる。

・・・。
ご飯の中にリカちゃん人形がさかさまに突き刺さっていた。

・・・

翔「食えるか!
父「意外といけるぞ、バリボリバリボリ」
瑠衣「ハムハム・・・・うん、おいしいよ」
・・・・突っ込んじゃだめなの?;
怖いものみたさでリカちゃん人形に手を伸ばす。
触った感触、どうみても本物だ

翔「・・・・。」
パクッ

・・・
本物だった。

父「翔はずれー」
翔「あんたらのは何で出来てるんだよ!」
瑠衣「チョコだよ」
・・・どうやれば本物そっくりをチョコで作れるの・・。
翔「ご・・ごちそうさま」
父「ふん、この程度で食欲が萎えるのか。」
瑠衣「情けないぞ兄君」
・・・弁当・・作らなきゃ・・。

弁当・・・

作るっていったときの胡桃先輩・・・よろこんでたなぁ・・・。
ホワワワ~ン
あの天使のような笑顔を思い出したら俄然やる気が出てきた。

翔「うおおおおおおおおっ!!」
俺はいつになく本気で弁当を作った。
・・・。

翔「いってくるぜ」
瑠衣「僕も」
父「おう、気をつけてな!」
ガラッ

家を出れば・・・

姫「おはよーん」
胡桃「おはよう、翔君」
黎「おはよー」
純「・・・・」

姫と黎と胡桃さんと・・・ 死体?

純「・・よ・・・よう」
生きてた。

姫「迎えにきちゃった☆」
胡桃「は、ははは・・・」
黎「純がなかなか起きないから引っ張り出してきたけどね」
・・・不憫だ。

・・・。

2階の踊り場に差し掛かる。
胡桃「じゃ、皆 またぁとで~」
胡桃さんはぶりっ子モードに切り替えて教室へ入っていった。

教室到着。

こうして、毎日のように朝は5人で登校するのか・・・。

悪くないな。

美依「ふ、仲の良いこと羨ましいですよ」
翔「あ、おはようございます」
純「美依たんやっほー」
美依「おはよう」
・・・ある意味、山下さんって良い人かも。

キーンコーンカーンコーン

よし、午前の授業が終わり、昼飯だ。
弁当を持ってそそくさと立ち去らねば・・。
気配を消す。

・・・ 
・・・・・
・・・・・・・
よし、脱出成功。
だが油断はできない、気配を消したまま屋上へ脱出。
ガチャッ

ん? 誰もいない・・?

とりあえず床というか地べたに座りこみ、待つ事にする。

2分後。
胡桃「待たせてしまったのか・・・すまない」
翔「2分しか待ってないけどな」
ちょっと顔を赤らめながら隣に座る胡桃さん。

翔「お約束どおり、作ってきましたよ」
胡桃「え・・・。」
翔「ほら、お弁当」
胡桃「本当に作ってきてくれたのか・・・!」
翔「言った事は守るぜ?」
胡桃「おーっ!じゃあ早速頂いてもいいかな?」
箸を取り出す胡桃さん。
そういえば俺タメ口になってるな。

翔「あーまったまった」
胡桃「ん?」
翔「箸は・・・こっちで」
胡桃「そ・・・そんな///」
胡桃さん真っ赤ですよ先輩!

翔「中華作ってきたんだが、味には自信がありますよっと。はい、
あ~ん」
胡桃「あ・・・あ~ん・・・」
顔を真っ赤にして目を閉じている・・・とても可愛い。
その胡桃さんの口に餃子を放り込む。

はむっ
胡桃「お・・・おいしい・・・」
翔「ありがとうございます。じゃぁ・・・次はシュウマイを・・・
あ~ん」
胡桃「///」
黙って口をあける胡桃さん・・・ほんと可愛い。

はむっ
目を閉じたままちょっとうつむき加減に口を動かしている。
おいしそうに食べてくれるよなぁ・・・。
胡桃「な・・・なんかとても恥ずかしいぞ・・・。」
翔「あれだ、胡桃さん」
胡桃「は・・はいっ」
翔「同じ事を俺にやってたんだぜ?」
胡桃「あ・・・・・///」
ボッと音が出たかのように顔を真っ赤にしている。
胡桃さんってぶりっ子じゃないほうが可愛いんじゃないか・・?
まぁ・・・俺はあまりぶりっ子な胡桃さんを見た事がないが・・。

胡桃「あこがれ・・てたんだぞ・・」
翔「はい?」
胡桃「いや・・・あ~んっての・・・よくテレビで見るじゃないか」
翔「お馴染みだからなぁ」
胡桃「私だって・・姫みたいに・・・
高校入って、彼氏作ってー って思ってたんだが・・・」
翔「そりゃまた・・・不運というか・・」
胡桃「まさか、この歳になって実現するとは・・・。
あり・・がとう・・・」
・・・・。

それから数回あ~んとやったわけだが、全部顔真っ赤にしてたね、うん
胡桃「ごちそうさま・・・」
翔「ごちそーさん」
キーンコーンカーンコーン
胡桃「じゃ、今日もありがとう♪あ、そうだ」
翔「明日もですね? 屋上で待ってます」
胡桃「あ・・・///」
今日の昼は最初から最後まで真っ赤だった胡桃ちゃんでした。

キーンコーンカーンコーン

姫「せーくんかえろー」
・・・。
2階、遥が暴れている。
遥「しつけーゴミ共めぇぇっ!!!胡桃は渡さん!!」
・・・
今日は6人で帰る事になった・・・。

・・・
ガラッ

グフ「おかえり」
翔「ただいま・・。」
こいつ歩けるんだ・・・。

スポンサーサイト
【編集】 |  19:54 |  小説  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
あ~なんかもう
ほんとバカップルやん
胡桃先輩好きだわ。
最近たれおが影薄いね*笑
えりか |  2007年01月31日(水) 20:51 | URL 【コメント編集】
胡桃センパイ超ヵヮィィ♪
それに、ファ-ビ-。。
ぃぃキャラだゎ-
一家に一台欲しぃカモ-(圉*`UvU*)ノ
これからの、翔の周りにいる♀③人がど-動くか。。
見ものだね-
でも、こんなに出すと先が見えてこんから
これからゎ慎重に行った方がぃぃと思ぅゾ♪
愛 |  2007年02月01日(木) 19:53 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。