*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.01.29 (Mon)

おおおおおおおおおおおうう 

☆リンクにお絵かきBBS追加☆
絵を書きたいって人こちらにもどうぞ!((
作戦会議

俺「写真撮って来ました」
父「ほう」
20070129175923.jpg

父「空だな」
俺「はい」
父「で?」
俺「綺麗じゃないですか?」
父「まぁな、で?」
俺「そんだけですけど」
父「ほう」
20070129180017.jpg

父「空だな」
俺「綺麗じゃないですか?」
父「まぁな、で?」
俺「そんだけですけど」
父「ほう」
20070129180429.jpg

父「踊り場だな」
俺「はい、ほら、助けるか否かの選択肢が出る場所はここをイメージ」
父「なるほど。」
俺「で、ここから翔君が眺める景色は」
20070129180719.jpg

父「この中心部分に、人だかりが出来るわけだな?」
俺「そうです。」

20070129180826.jpg

父「屋上か」
俺「ここが胡桃ルートの主な場所になりますね」

20070129181112.jpg

父「屋上入り口か」
俺「ここが翔君の隠れた場所ですね」
父「ふむ」
俺「っていうかあれですね親父さん」
父「ん?」
俺「本編じゃぁイカレ親父なのに、こっちじゃ静かですね」
父「仕事だからな」
俺「なるほど。」
父「じゃ、行ってみるか第9話」
俺「はい 第9話「仲直り」 」
父「なんかマトモなタイトルだな。」
↓GO!

父「この記事は書きかけです、後に加筆修正します。」

【More・・・】



ガチャッ
胡桃「ただいまー」
姫「~♪」
胡桃「何・・やってるんだ?」
姫「~♪ あっ おねーちゃんおかえりー」

妹は何か手に人形のようなものを持っている。
胡桃「なにか・・・大切そうに抱えているが?」
姫「ふふ~ん♪これ?」
胡桃「目が輝いてるぞ・・・何の人形なんだ」
姫「じゃーん♪せーくんマスコットー」
・・・なるほど。
妹の手にはちょっと鋭い目をしたマスコットが握られていた。

胡桃「作ったのか?」
姫「うん♪これで、いつでもせーくんが隣に居るよー」
胡桃「・・・芹沢君か・・。」
姫「むー?おねーちゃんどーしたー?」
胡桃「い、いやっ・・・ 良い人だよな・・・って」
マスコットを見て、ついつい彼の笑顔が浮かんでしまった。

姫「うんうんっ!せーくん良い人なのだーっ!」
胡桃「姫」
姫「うんー?」
胡桃「それが人を好きになる ってことなのか?」
何を聞いているんだ私は・・・。

姫「うーん、前にも一応人を好きになった事はあったけどー
ここまで好きになるのは初めてかなぁ??」
胡桃「そう・・なのか」
姫「だってーせーくん・・・~♪・・・ きゃーっ☆」

妹は独自の幻想世界に飛び立ってしまった・・。
胡桃「そ・・・そうか・・。でも、さっさと告白してしまえば
付き合えるんじゃないのか?私にはよくわからんが」
姫「ううん♪ 黎もいるから・・・バトルになる><」
バトル?何の話だろうか

姫「うんっ♪私たち決めたんだよっ 正々堂々
せーくんを取り合うって☆」
胡桃「何か物騒な予感がするが・・」
姫「物騒だったのは、2日前までだよー♪ これからは・・・
けど、負けるわけにはいかないなっ☆」
胡桃「・・・芹沢君ねぇ・・。」

・・・あの時・・キスをしていたら・・・。

胡桃「いかんいかん」
姫「どったー?」
胡桃「い、いやっこちらの話だ」
姫「今もしかして・・せーくんの事考えてた?」
胡桃「ばっ・・!何をっ!?///」
姫「おねーちゃんも結構顔に出るから♪」
胡桃「いいかい?姫、決して私は芹沢君の事が・・・
第一彼は2歳年下で・・・///」
姫「おねーちゃんも参戦するのかぁ~ 負けないぞっ!」
胡桃「・・・くっ」

とりあえず部屋に入る・・・・
胡桃「まったく・・・。」
・・・芹沢・・・翔君か・・・。

・・・

翔「ペップシ!」
瑠衣「うるさいぞ兄君」
翔「まったく、誰かが俺のうわさしてんだな」
瑠衣「幸せものめ・・・。とりあえず屋根の修理は終わった?」
翔「おう、なんとかな」
瑠衣「一体、何をやったらあんなに飛ぶんだい?」
翔「遥、遥」
瑠衣「把握した・・・。」
さて・・と・・・寝るか。

翔「じゃ」
瑠衣「おやすみ、明日僕は仕事だ」
翔「ういー、何時ごろ帰ってくる?」
瑠衣「予定通りに終われば7時だね」
翔「了解、おやすみなさい」
瑠衣「うむ」

ふー・・・ベッドに横になる。
今日は色々あって疲れたな・・。
姫に抱きつかれて、胡桃さん助け出して、遥に殴り飛ばされて。
・・・明日はもっと楽な一日になりますよーに・・・。

-6月29日-

学校へ続く坂道を下る
純「へっろーまいぶらざー!」
翔「よう」
純「聞いてくれよ!!今日は莉子ちゃんとデートなんだ!」
ちなみにギャルゲーの話です。
純「でさ、お前に話がある。」
翔「ギャルゲーの話はやめてくれよ」
純「リアル恋愛の話だぜ」
翔「お前、出会い系に手を出したの?」
純「出してません!学校の話です!」
翔「ふぅん、で?」
純「お前の隣の席のさ」
翔「山下さん?」
純「うん、俺、あの子に惚れた」
・・・・何この急展開。

純「美依って名前じゃん!?ちょーかわいい」
翔「名前で判断したの?」
純「そういうわけじゃねぇけどさぁ!なんかこう良いんだよねぇ
大和撫子的なオーラが」
・・・あったかぁ?
翔「まぁお前には無理だ」
純「はえーよ!何でお前がいうんだよ!」
翔「だって山下さん人間じゃん」
純「俺は妖怪じゃねぇよ!!」

校門到着・・。

ガバッ! 
翔「なんだ!?」
身体を掴まれずるずると引きずられていく。
布?らしきものを被されているので周りが見えない。
こいつら・・・3年の男子連中か?胡桃先輩のことで・・。
くそっ!純の奴助けにきてくれないのか!
あいつ喧嘩はめちゃくちゃつえーはずなんだが・・・。

「ごめんね;せーくん」
翔「?」
布がとられ、視界が開ける。
どうやら駐輪場に運ばれたらしい。
目の前には・・・
翔「姫と黎?」
・・・黎?
黎「翔、昨日は・・ごめん。」
翔「気にしてないからいいけどよ」
黎「私、今まで黙ってた・・・」
姫「私も・・・改めて言うね」
黎&姫「貴方が好きです。

Σ(゚Д゚ノ)ノ
翔「・・は・・はぁ・・」
二人同時に告白? なんだこりゃ
流石にどんなギャルゲーでも見たことねぇぞ!!
・・というか黎、いきなりそういう展開ですか・・?
黎「聞いて、翔」
翔「うむ」
黎「私、ずっと翔の事が好きだった。あの日覚えてる?私がコーラを
おごった日」
翔「あぁ」
黎「あの時、私純が好きっていったじゃん?あれは嘘で、
自分の気持ちを誤魔化したいために言ったの。」
翔「何故に?」
黎「姫から、翔のことが好きって聞かされてて・・・。私も好きって
言えなくて、応援するっていっちゃったから・・・あの日」
翔「なるほど」
黎「で、翔にさ、他の人の事を好きって私から言えば・・・
翔のことが好きって気持ちも薄れると思った・・・。
けど、薄れるどころか強まる一方だった・・・。だけど・・・
翔には姫がいる・・・って・・・応援するっていっちゃったから・・・
姫を傷つけたくなかった。けど、好きって気持ちは我慢できなかった。
だから、できるだけ翔の顔見ないようにして、自分の気持ちを抑えてた。」
翔「・・・・・」
黎「顔見ないようにしてたのに・・・翔から追いかけてくれたのに、
引き離しちゃってごめん・・・。」
翔「ったく・・・この馬鹿」

黎の頭に手を乗せる。
翔「いちいち気にするのが、お前の悪い癖だよな」
黎「うん・・・この話、純にしたら怒られちゃった」
翔「ったりめぇだ。」
姫「もーっ!」

パシーンッ と黎の頭の上に乗せた手が払われる。
姫「いい?せーくん!まだ誰と付き合うとか決めないでね!」
黎「そ、私たちがんばって翔の好感度あげるからっ!」
翔「ま、お前ら以外の選択肢もあるけどな」
姫「だめーっ><」
黎「逃げるんなよっ!」

キーンコーンカーンコーン
姫「じゃ!私たち教室いくね!」
黎「ほれ!翔もさっさときなさいっ!」
二人に腕をつかまれ引っ張られる。
・・・両手に華ってな・・・・。



変わり行く季節が今景色を染めていく

君だけは私を見つめていた。

-FlyToTheStar-


少年は帰る家がないといった。
なんとなく胸の奥につっかかっている。
普通のこの歳の男の子なら家庭があるだろう。
事情でないとしても・・帰る場所ぐらいは公共的に設けられるはず。
・・・普通の少年じゃない?
少年は私の書いた本を読み漁っている。
私の職業は小説家だ。
実際のところ売れっ子でもなんでもないんだが・・。
そんな私の小説を真剣に読んでくれる少年が、ありがたく思えた。


・・・教室~

純「山下さん」
美依「うん?」
純「実は・・・。」
美依「うん」
純「貴方が・・・好きです。」
美依「・・・。」
純「ですから・・・付き合ってください・・。」
美依「妖怪とは付き合えない・・・。」
・・・

純「・・・俺って・・。」
翔「今更?」
・・その日 純は一日中教室の端で泣いていた。

それにしても、二人にいっぺんに告白されて・・・
すぐ決めるなって・・。 なんか俺は商品なのかねぇ・・・
ま、男としては幸せなんだろうし。乗ってやるか。
・・・熱い・・・夏が・・・始まる・・。





っしゃー!!こらあああ!!オープニングムービーの場所
かえようか((
スポンサーサイト
【編集】 |  18:13 |  小説  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
屋上行けるん?!良いなー良いなー(〃゚∀゚)
檸檬 |  2007年01月30日(火) 00:22 | URL 【コメント編集】
踊り場のシャメがいやによかった・・・・・(
まだ内容読んでないケド・・・・シャメがよすぎる(
屋上とかうちねーべ
( ゚∀゚)アハハ八八歯ノヽノヽノ \ / \/ \

るこ |  2007年01月30日(火) 00:55 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。