*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.01.11 (Thu)

どーん!! 

いやー、今までの小説を全部印刷しようとしたら
A4で49枚いきました(

無論全部印刷できてません((

今日は先に宣言( 第10話も更新しますよっ
さて、第9話「ホリデイフィーバー」↓GO
9話はあまり恋愛関係ないです(

【More・・・】



翔「ごちそーさん」
瑠衣「・・ごちそうさま」
純&父「ごっす」

あの後・・

父「じゃぁ今夜も俺らはラーメンだな」
瑠衣「麺・・あるよ。買っといた」
翔「相変わらず抜かりないな・・・。」
父「翔、スープ作っといてくれ。しょうゆで頼む。瑠衣は麺を」
純「 ピッ もしもし?純だけど、今日翔の家に泊まるから」
翔「おいっ!」
父「おう、ゆっくりしていけ!ついでに翔でも食っとけ!」
純「ういー ガチャッ ・・・で、 今夜泊まるぞ。
瑠衣「・・・騒がないでね。」

・・・なんてこったい。明日はせっかくの土曜日だから姫でも
呼ぼうかなーなんて思っていたんだが・・。

父「瑠衣?明日予定は?」
瑠衣「明日やる仕事なら・・今日終わらせてきたよ」
父「そうか!じゃぁどうせお前らも暇だろ?」
翔「まぁな。」
父「じゃぁ遊ぶぜ!!」
翔「・・・・。」
瑠衣「ズズーッ(コーラを啜る音)」
純「うっひょおおおお」

・・・夢の土曜日が・・・ まぁ日曜日もあるしな。

ピコーン♪

メール着信!

From:姫(Slash.Lave@Socom.ne.jp)
件名なし
本文:(´゚A゚)ノょ!せーくん明日暇?遊びにいってもいいかな?w

うっほ
 

件名無しRe
本文:大歓迎だが・・・今日たれおが家泊まるらしく。瑠衣も居る
みたいで、親父が遊ぶ!って騒いでるぜ

送信っと。

瑠衣「兄君、顔に出てるぞ」
となりで麺を茹でる瑠衣が突っ込んできた。
瑠衣「姫君も来るのか・・・。何の遊びだろうかねぇ・・・」
父「んー?姫も明日家に来るのか?大歓迎だぞ」
純「おう、遊びは人数が多いほうが楽しいぜ!」
翔「まてまて!まだ来るって決まったわけじゃ!」
ピコーン♪

件名無しRe:Re
本文:まじでかwww明日楽しみ~(´゚A゚)ノ」

(´゚A゚)ノ  

翔「おk来る」
なんか・・・嬉しかった。

で・・・・。

父「じゃ、寝るぞ」
瑠衣「私も・・。」
純「じゃ、ヤるぞ」
翔「いやだぞ」

おやすみー っと言いながら俺らはそれぞれの寝室へ
へたれは俺の部屋だ。

翔「じゃぁ俺ベッド お前床な」
純「いや、ここはあえて平等に 二人ともベッドでよかろう」
翔「悪い、ベッドひとつしかない」
純「ベッドインしようぜ!?」
翔「気味の悪い冗談は存在だけにしてくれ」
純「とりあ、電気消すぞ?さっさと寝ようぜ。明日は体力使いそうだ」
翔「そうだな・・・。それは同感だ」

ピコーン♪
本文:明日に備えてねまぁーっす(´゚A゚)ノおやすみー

・・・結局二人で床かよ。

-6月30日-
「・・・くん・・・」
翔「ん・・・」
「せ・・・くん・・・きて・・」
翔「うにー・・・あと2時間・・・」
「も・・・・・し・・いなぁ・・」

唇に暖かい物が触れる。
ちゅっ

翔「うお!?」
姫「うふふー、寝顔かわいいよん」
・・・はじぃ・・すごいレベルではずい・・・。
翔「・・・純は?」
姫「そこ」
指差された方向を見ると・・・
・・・
姫「なかなか起きないから階段から落としたよ」
翔「・・・。次からは早起きします・・。」
姫「んーそだねん。寝顔見るのも楽しいけど寝てばっかじゃ寂しいよ」
そーいう事じゃないんですけどねぇ・・・
翔「とりあえず、一階降りるか。下はお祭り騒ぎかもしれねぇし」
姫「うんっかなり派手にかましてたよ」
・・・
・・・・・
瑠衣「にゃーっ!なにするのにゃー!それゎぼきゅの大事にゃ・・!」
父「はっはー!こんな物・・・こうしてくれるわー!」
純「やめろぉおお!!!」
・・・アニメの真似して遊んでやがる。

姫「なかなか起きないから朝ごはんつくっちゃったよぉ」
翔「む・・・そんな寝てたか?」
気づけば8時だった。
翔「何時に家きたん?」
姫「6時(笑)」
(苦笑)
姫「6時にはるーくんとおとーさん起きてたし、邪魔だから純も起こして」
翔「6時からアニメの真似してんのか、あいつら」
姫「そ、でずっとせーくん眺めてたんだよー」
俺寝顔見られまくり。
姫「襲っちゃおうかなーと思ったけどやめといたぜっ」
翔「それは俺の台詞じゃないっすか?普通」
姫「襲ってくれる?」
翔「・・・・二人きりなら」

・・・何をいうとんねん俺は。
瑠衣「食らえにゃー!ホーンブレイドバスター!」
瑠衣の拳が黒く光る
純「その攻撃は見切ってるぜ!!三ノ瀬流・・・」
たれおの周りにオーラが発生
姫(あっ、あれは止めさせないと。ご飯が飛んじゃう)
翔(任せろ)
翔「蹴りだ!ジャック!」
父「む!ライトウィング!!」
純「なんだってー!」
チュドーン!ゼロ距離ドロップキックがへたれに炸裂。
吹っ飛ぶヘタレ
その後閃光。
・・・こいつら・・。
姫「はいはい、そこまでそこまで皆さんご飯ですよっほらあなた手伝って」
翔「ういうい、ほれほれお前らおとなしく座ってろ」
父&瑠衣&純「はーい・・。」

今日の朝ごはんは 
ニラ、ひき肉、にんにくを皮で包んで焼いた美味しい食べ物だ。

一同「いただきます。」
父「うまいなぁ・・ニラ、ひき肉、にんにくを皮で包んで焼いた美味しい食べ物は」
純「ほんとニラ、ひき肉、にんにくを皮で包んで焼いた美味しい食べ物はおいしいよ・・。」
瑠衣「このニラ、ひき肉、にんにくを皮で包んで焼いた美味しい食べ物
・・・85点。」
翔「ギョーザって言えよっ!」
姫「で、今日は何して遊ぶんですかー?」
父「よくぞ聞いてくれた!!」
っと言って部屋からある物を取ってくる
父「バトミントンだ!」
姫「なるほど・・・バミントン好きですよ」
・・姫・・。

その後俺らは猛スピードで
ニラ、ひき肉、にんにくを皮で包んで焼いた美味しい食べ物を平らげ。
父「出発!!」
親父の車に乗り市民公園へ向かった
父「バックファイヤー!後続車を焼き消せ!」
翔「やめんかい!!」
BGMは 阿修羅ソングだった。

空は透き通り、なんとも言えない程の気持ちいい天気だった。
父「じゃ、早速始めるぞ。俺は審判だ」
瑠衣「チーム分けは?」
父「うむ、やはりラブラブカップルは組ませたほうがよかろう」
といって紙を取り出す。

姫×瑠衣VS純×翔  

・・・ベタベタじゃねーか。
姫「うん・・。たまには勝負するのも悪くないね!いくよせーくん!」
瑠衣「兄君、手加減はしないぞ」
純「ふん・・・ラブラブカップルか・・・いいだろう」
・・・
そのとき俺の中で何かが弾けた。
翔「純、勝つぞ・・絶対。」
純「おうよ!」
父「11点先取で1セットとする!合計3セット!2セット先取が勝利だ!」

1セット目、 サーブは俺からだ。

シャトルを思いっきり高く投げ上げ姫と瑠衣の間を狙ってスマッシュ!
瑠衣「バレバレだぞ兄君!」
瑠衣が打ち上げる。それを姫が受け取りスマッシュ!
純「任せろ!」ラインギリギリのところで純が拾い上げる
それを俺がもう一度渾身のスマッシュを相手のラインギリギリへぶちこむ。
姫「遅いよぉっ!」姫、よゆーのトスアップ。そして
逆サイドにスマッシュ! 俺らの陣に落ちるシャトル。
純「っち・・・普通の技じゃ勝てないぞ」
翔「おk、MP消費覚悟で行こう」
姫のサーブ。高く舞うシャトルはネットラインギリギリで落下
それを・・・直下型スマッシュ!!
翔「ちぃっ!」ヘッドスラィディングでなんとか拾い上げる。
純「トライアタック!」打ち上げたシャトルは△を描き相手の陣地へ
瑠衣「デュアル!」瑠衣の打つシャトルが二つに分身
姫「インパクト!」双方同時スマッシュ!
翔「たれお!右を頼む!」
純「任せろ!」二手に分かれたシャトルを別々に追う。
翔「おーらぁっ!」ジャストミート!・・ってシャトルがない!
純「消えた!?」・・・シャトルは陣の中央にひとつ落ちていた。
父「2-0」
純「くそ・・・貴様らに使いたくなかったが・・いくぜ」
純のサーブ。純「三ノ瀬流・・・。シャトルレイン!」
思いっきり高く打ち上げる純。シャトルは見えなくなった。
その瞬間!一気に姫たちの陣地に無数のシャトルが降り注ぐ。
姫「邪眼!」・・・体が・・・動かない・・・。
姫「そこですっ!」 パコーンとシャトルが一個打ちかえってきた。
ほかのシャトルは地面に落ちるなり消えた。
翔「食らいやがれ!!」そのシャトルをスマッシュし返す。
シャトルは瑠衣の付近へ
キュピーン!
瑠衣「ナパーム!!」一本足打法で打ち返す瑠衣。
シャトルはまた見えなくなる・・・そして。
チュドーン!!
コートからちょっと離れた場所で爆発が起きる。
父「アウト 2-1」
・・・
・・・・・・・

翔「負け・・・た・ぞ・・・」
純「あとちょっとだったのに・・・・な・・」
結局3セット中1セット取って敗北した。
姫「ひゅー久しぶりに汗かいたぁ~」
空ではカラスが鳴いている。
父「帰るぞー」
一同「はーい」
・・・
家の前
姫「じゃ、今日は楽しかったよー」
純「おう、ほんと久しぶりの運動だったぜ。楽しいなバトミントン」
翔「バドミントンな。」
姫「・・・そうだ。せーくん 明日私の家これる?」
翔「ん?暇だからいいけど・・・入れるかな。」
姫「門の前で待っておくよん」
翔「そりゃ・・・助かる。何時ぐらいにいけばいい?」
姫「お好きな時にー来るときはメールしてね」
翔「あいよーっ じゃあお前ら気をつけて帰れよ」
姫&純「はいっ!(おう!)」

・・・。 
父「次回!翔、童貞卒業!」

ぽかっ!



ごめんなさい長すぎでした(((

次回書こうか書くまいか悩みます(
明日にしようかな(



スポンサーサイト
【編集】 |  17:55 |  小説  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
ワ━ヽ(●´Å`●)/━ィ!!!!
なんかなあーー読みたい雑誌読んでる気分ww
今まだ中身読んでないんだよね実は・・・w
寝る前に読むのを日課としておりマス・・・ww
恋愛小説とか読むのスキだし、ケータイあった頃は
四六時中読んでたシwwまぁ、
どんどん更新してくださぁいwwwwww
(´・ω・`)パラリラ
るーこ |  2007年01月11日(木) 21:39 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。